講習について

施術の技術・学科の講習

セミナー風景

契約締結時に6日間の講習を行います。講習は学科項目・実技項目から構成されています。

定まった方法での手技は一切指導致しません。リジュベネーションシステムでは人間の身体の構造を理解し、個々のお客さまの身体の状態が判断でき、その方にあったベストな施術を提供する事のできるエステティシャンを育成してゆきます。

その為、結果としてお客さま毎に全く違った手技を行っているように見えるかもしれませんが、その手技を覚えるのではなくどのように判断して人体のどの部分に施術を施すのかを判断できるように講習を進めております。

1人1人の技術の確認の必要性がある為、講習は原則として少人数で行います。

教材について

セミナー風景

講習の教材は3冊の書籍と1冊のリジュベネーションオリジナルの教科書で行います。教材の構成は下記の通りです。

また実技の講習では骨格模型・トルソーモデル・医学チャートなども使用し、人体の内部構造の理解を深めて頂きます。

講習風景写真解説

講習風景 講習風景

リジュベネーションで行う講習は基礎医学をベースにしているため一般的なエステの講習とは違った物です。

講習風景講習風景

人の身体についての理解を深め、結果の出る施術を行う為にはどこをどのようにすればよいのかを身体の内部構造を理解する事によって習得してゆきます。トルソーモデル・骨格模型・カラーチャートなどを使用しているのはその為です。

このページの下部で表示されている「講習の成果」は、医学的な知識を全く持たない一般のエステティシャン達が講習での練習中に出した結果です。

基礎部分から学ぶので元々のエステ歴に関係なく、講習内容を如何にキチンと習得できるかどうかが施術技術を向上させるカギになります。

講習の成果

講習風景

右半身だけを練習として施術しました(右、左下、右下写真)むくみに対する施術、リンパドレナージュ、プロポーションに対する施術を行った結果が下の写真です。

背中の幅が右側だけ小さくなりウエストが上がっているのが見て取れます。

ヒップにもご注目ください。大殿筋がしっかり上がり、ヒップの気になるシワも良い感じに仕上がっています。この事により、脚の冷えやむくみに対する効果も期待できます。

大腿骨が中に入り脚が真っすぐになることにより両足の施術を終えると身長が1.5~2cmほど高くる方もいらっしゃいますし、背筋もピンと伸びます。

施術結果施術結果半分

下の写真は出産後のお腹のたるみと腸骨の開きが原因での下腹部全体のたるみです。腸骨を立て、皮下組織をケアした結果が右写真です。妊娠線が薄く残っているものの随分印象が変わりました。

beforeafter

リジュベネーションでの施術結果はメジャーリングや体重測定ではなく、写真を写し、比較・判定を行うので講習中の練習結果が出ているかどうかの判断は非常に厳しく判定されます。結果が出せなければサロンでの技術提供は出来ません。