小児ガン征圧キャンペーン

リジュベネーションシステムは毎日新聞東京社会事業団主催の「小児ガン征圧キャンペーン」に協賛しております。ダイエットコンテストのエントリー代金の一部は「小児ガン征圧キャンペーン」への寄付金にあてられます。

小児ガン征圧キャンペーンとは


小児がんの子供達と生きる
毎日新聞小児がん取材班著

毎日新聞東京社会事業団は、1996年から「生きる‐小児がんの子どもらを救おう」をテーマに、小児がん制圧のキャンペーンを展開しています。

小児がんとは、15歳以下で発症した悪性腫瘍のことです。小児がんは、成人と比べ、肉腫が多い。進行が速く、死亡率の高い病気で、治療の進歩で死亡率が減少してきています。年間2,000~3,000人が発症し、約7割が治るようになったといわれています。小児ガンの種類としては以下のようなものがあります。(発症率の高い順に掲載)

小児ガン征圧キャンペーンを通じて集まった小児がん征圧募金は、毎日新聞東京社会事業団を通じて全国の患者支援・研究団体に贈呈されます。