リジュケア

お客様と施術者の安全を第一に商品を開発しています。

リジュケアは無添加・着色料、香料はもちろん、防腐剤パラベンや、品質安定剤、アルコールなどを一切使用していません。 皮膚アレルギーテスト済みです。

リジュベネーションシステムのリジュケアは15年間で180万袋の販売を超えご愛顧いただいております。施術回数は180万回以上!の信頼と実績を誇ります!

お客様の健康と施術者の健康を守るために様々な安全性を確認しています。

皮膚とリジュケア

透明のデトックスジェル・リジュケアは皮脂腺からの脂肪を乳化させて、体内から出た老廃物を包み込みます。

体内から出てきた老廃物には、雑菌や有害物質など何が含まれているかわかりません。お客様の体を裸でケアを行うという事は、前のお客様からの雑菌などの感染の恐れなどもあります。いろんなリスクを考えて商品の安全性を作っています。

リジュケアの構造・(リジュケアはただのジェルではありません!)

リジュケアの変化 脂肪・顕微鏡エマルジョン

上の写真は揉み出した脂肪を顕微鏡で見たときの拡大写真です。球体になったリジュケアは界面活性作用(親油基)を持ち、油を包む性質があります。上右の図のエマルジョン(O/W)という形で脂肪や老廃物を水のヴェールで包み込み、施術者の手の毛穴やお客様の体内に二度と入り込まない状態で揉みだされます。

ミセル コロイドミセル構造

左の写真は老廃物を包み込んでいる顕微鏡写真です。

水のヴェールに包まれた脂肪や老廃物は、体内に入ることはできません。お風呂に浸かっても人が水を吸い込んで膨らんだりしないのは皮膚に防水機能が備わっているためです。

ですから揉み出された老廃物や、ジェルに包まれて体に残った老廃物もやがて静脈に回収されて、水分と一緒に腎臓で濾過されて尿として安全に体外に排泄されます。サロンではその排泄をより安全にスピーディーにするために、リジュベネーションウォーターというデトックスドリンクを飲んでいただきます。



リジュケアの菌の増殖に関する検査結果です

リジュケアにおける様々な菌の増殖死滅の検査を行なっています。 お客様の体は目で確認するこたができない様々な菌がたくさん付着しています。施術者の手もまた様々なバイ菌が付着しています。リジュケアは防腐剤や品質安定剤などを使用していないために雑菌やウイルスの増床が起きると大変です。リジュベネーション社では安全を第一に菌やウイルスのテストを行い安全な商品をお届けすることをお約束いたします。

試験菌 対象 試験液1ml辺りの生菌数
開始時 10分後 30分後 60分後
カンピロバクター リジュケア 1.6x10 <100 <100 <100
対照 1.6x10 1.4x10 2.2x10 1.1x10
大腸菌 リジュケア 4.4x10 4.6x10 <10 <10
対照 4.4x10 - - 5.0x10
大腸菌(O157:H7) リジュケア 2.2x10 5.8x10 40 20
対照 2.2x10 - - 1.7x10
緑膿菌 リジュケア 3.5x10 <10 <10 <10
対照 3.5x10 - - 1.8x10
サルモネラ リジュケア 3.4x10 <10 <10 <10
対照 3.4x10 - - 5.3x10
黄色ブドウ球菌 リジュケア 3.1x10 8.4x10 2.1x10 1.0x10
対照 3.1x10 - - 2.9x10
腸炎ビブリオ リジュケア 2.8x10 <10 <10 <10
対照 2.8x10 - - 2.9x10

上の表はリジュケアと増粘剤1㎠にそれぞれの菌を付着させ、10分・30分・60分後の菌の数を測定したものです。測定結果は上記になりますが、リジュケアでは全ての菌が減少し、消滅していくことが確認されました。 それに対して増粘剤では菌の数が増殖するものもあり、明らかに体のトリートメントで使用することは危険であることがわかります。